• 亲情故事
  • 爱情故事
  • 情感故事
  • 哲理故事
  • 名人故事
  • 民间故事
  • 鬼故事
  • 现代故事
  • 传奇故事
  • 寓言故事
  • 童话故事
  • 神话故事
  • 您现在的位置:澳门博狗博彩官方平台 > 故事 > 爱情故事 > 正文

    东京爱情故事为什么悲

    来源:澳门博狗博彩官方平台 时间:2017-07-11

    篇一:日剧经典台词鉴赏之《东京爱情故事》

    经典日剧之《东京爱情故事》篇

    《东京爱情故事》是日本富士电视台1991年推出的电视剧,获得了空前的成功,成为日本新式偶像剧的开创先河,被认为是日本电视剧里程碑式的新型剧种。从此之后,以富士电视为首的各电视台一改过去老剧说教式手法,以贴近普通人的生活为中心,十年来创作出一大批优秀的影视作品。《东京爱情故事》是日剧的教父级大作,精彩至极。这部日剧由柴门文著名的漫画改编,深刻的描绘了都市男女的爱情故事,写实而感人。此剧不但在日本造成轰动,在港台、内地播出时也风靡一时。尤其是铃木保奈美饰演的莉香可爱迷人、活泼开朗,令人难以忘怀。此剧对于铃木保奈美来说具有重大意义,是她的成名作。她当初正是依靠此剧在13年前一跃成为当时的日本首席女星。“莉香旋风”席卷了亚洲各国,莉香的微笑征服了一代人的心,也影响了一代人的爱情观。男主角织田裕二也因此片而走红亚洲。而另一男主角江囗洋介是日本偶像歌手及演员,他在剧中扮演的浪漫情人,风流倜傥,迷倒了千万少女,而长发披肩的形象也成为潮流,亚洲青年男性争相仿效。

    主要演员

    铃木保奈美-----饰演:赤名莉香

    织田裕二-------饰演:永尾完治

    江口洋介-------饰演:三上健一

    有森也实-------饰演:关口里美

    千堂秋穗-------饰演:长崎尚子

    内容简介

    讲述惴惴不安、忧心忡忡的完治告别家乡爱媛县,只身来到东京工作。在机场,莉香以天真无邪、无比灿烂的笑容来迎接完治。在二人工作的同时,开朗活泼的莉香对完治颇有好感,渐渐地爱上了完治,但完治心中念念不忘的是高中时代一直暗恋的里美,然而里美所爱的却又是三上。因此,造成了四角恋爱关系。即使完治心中一直向往着里美,但莉香却无法减轻对完治的深深的爱和体贴入微的关怀。完治也发现里美和三上早已在一起,于是放弃了对里美的追求,欣然接受了莉香,并打算和莉香二人过甜蜜的、幸福的生活。但此时,三上与里美之间竟插入了三上的同学尚子。尚子虽然有未婚夫,但对三上却欲断难断。

    由于三上与尚子的出轨行为,使里美终于明白,与三上最终只有分离。里美伤心欲绝之时,在她身边安慰、劝勉的只有完治。里美此时才觉醒自己原来爱的是完治,因此便主动邀请完治约会,借机表达对他的爱。优柔寡断的完治陷入了爱情的困境,再次复苏了对里美的爱恋,和莉香开始决裂。莉香感觉到两人的感情已无可挽留,毅然人间蒸发。

    完治回故乡爱媛县寻找莉香。在他的小学校园里,找到了莉香。完治陪莉香逛了他的家乡后,亦与莉香正式分手。从此莉香义无反顾地去了美国,杳无音信。三年后,三上与尚子正式结婚之日,已成夫妇的完治和里美在回家的路上邂逅了莉香。莉香对着完治依旧是天真灿烂的笑容??

    经典台词

    第一幕:

    (完治约莉香去吃饭,但到关店时完治也没来。莉香一人在雨中苦苦等待,完治从远处跑来) リカ:完治、よかった。仕事伸びて来るの遅れちゃった。完治は帰っちゃったのかと思っ

    て。/完治,太好了。因为加班来晚了,以为你回去了呢!

    完治:ずっと待ってたの?/你一直在等我吗?

    リカ:結構待ったと思う。私、ほら、時計持ってないから、さあ、時間分かんないし、今、

    何時ごろ。わあ、もうこんな時間。良かった。銅像なんなくて、私が銅像になったらさ、皆、待ち合わせに使ってくれるかな、忠犬リカなんて、帰っちゃおうかなと

    思ったんだけど、完治がおごってくれるなんて一生に何度あるか分かんないし、さ、これ逃したら、夜、枕元にもったいないお化けが出るかもしれないなんてさ、/我想是等好久了。你看,我没带手表,所以不知道时间。现在,几点了?(莉香看看完治的手表)啊,已经这么晚了。太好了,我没有变成铜像,如果我变成了铜像,也许大家都会来这里约会呢。叫做“忠犬莉香”。虽然我想先回去,但完治请我吃饭,一辈子不知道能有几次。如果错过的话,晚上做梦会遇见遗憾鬼的。

    完治:とにかく、どっか店入ろう。/我们先找家店进去吧。

    リカ:もうだめ、ここまで。電池切れちゃったみたい。こんなに側にいるのにね、こんな

    に遠く見える。なんでかな。来てくれてありがとう。嬉しい。本当だよ。ジーンときた。なんなんだろう。なんでこんな。一緒にいたいのに、なんでかな。/(莉香偎依在完治的胸前)我不行了,只能撑到现在。好像已经到极限了。虽然你在我身边,但看起来很遥远。这是为什么呢?谢谢你赶来。我很高兴。真的,我真的好感动。这是为什么呢?虽然我想和你在一起,但是不知道为什么会这样。

    第二幕:

    (深夜,莉香给失恋的完治打电话,来安慰他)

    リカ:私、寝てた。/是我。你睡了吗?

    完治:寝てました。/我已经睡了。

    リカ:元気?/现在好吗?

    完治:こんな時間、元気なのは、君とコンビニぐらいなもんだよ。/这个时候,精力旺盛

    的除了你就是便利商店了。

    リカ:残念、私も元気ないのでした。/可惜你猜错了。我也没有精神。

    完治:なんで。/为什么?

    リカ:完治が元気ないから、後悔してる。里美ちゃんとのこと。/因为完治没有精神。和

    里美之间的事,你现在后悔吗?

    完治:ぜんぜんしてないっつったら、嘘になんだろ。俺を尊敬してくれたのに、こっちか

    ら諦めちゃんだからさ。/如果说不会,那是骗人的。她尊重我,只是我自己放弃了。 リカ:そこが完治の良いとこだよ。里美ちゃんの気持ち一番に考えてあげて。/这是你的

    优点。凡事总是最先替里美着想。

    完治:そんな立派なもんじゃないよ、ただ振られたってだけ。/我才没有那么好呢。我还

    不是被甩了。

    リカ:恋愛はさあ、参加することに意義があるんだから、たとえ駄目だったとしても、さ

    あ、人が人を好きになった瞬間って、ずうーとずうーと残ってくものだよ。それだけが、生きてく勇気になる。暗い夜道を照らす懐中電灯になるよ。/恋爱这东西,有意义的在于参与。即使失败了,你爱上一个人的那一瞬间也会永远永远地留在心里的。这将变成你生活下去的勇气,而且会变成点亮黑夜的一盏明灯。

    完治:そんな慰めんなよ。/不要这样安慰我。

    リカ:頑張れ、私も頑張る。/加油,我也会加油的。

    第三幕:

    (出差归来的莉香和完治下班后,一起出来互叙离别之情)

    リカ:そんなに私のことが好きなんだ。うん、知らなかったな。あ、そう、けどね、私の

    気持ちってものもあるし、そう簡単には両想いにはなんなよ。/原来你这样喜欢我啊!啊,我怎么不知道呢。原来如此。可是,我也有我的想法,哪有那么简单地两厢情愿呢?

    完治:頑張る。/我会努力。

    リカ:夜中に寂しい時、飛んできてくれる。/如果半夜我寂寞时,你会过来陪我吗? 完治:飛んでく。/我会过去陪你。

    リカ:ヒマラヤの天辺から電話したら、迎えに来てくれる。/如果我在喜马拉雅山顶打电

    话,你会来接我吗?

    完治:迎えに行く。/我会去接你。

    リカ:あったかいおでん持ってきてくれる。/你会带热气腾腾的杂烩给我吗?

    完治:屋台ごと持ってく。/我会把整个摊子都带过去。

    リカ:ビートルズのコンサートを家で開きたいって言ったら、/如果我想在家里开披头士

    的演唱会呢?

    完治:連れてくる。/我会请他们去。

    リカ:ジョンはどうすんの。/那约翰蓝农怎么办呢?

    完治:俺が代わりに歌う。/我代替他唱。

    リカ:魔法を使って、この空に虹かけてって言ったら、/如果我说要用魔术在天空中画个

    彩虹呢?

    完治:それはできないかもしれないけど、/那也许办不到。

    リカ:じゃ、だめだ。/那不行。

    完治:でも、魔法だったら使える。/但是,我能用魔术。

    リカ:どんな/什么样的?(完治走到莉香跟前,轻轻地吻了莉香)

    好き、好き。/你爱我吗?爱吗?

    完治:あ/爱你。

    リカ:愛してるって言って、/那你说“我爱你”。

    完治:愛してる。/我爱你。

    リカ:名前をつけて言って、/连名字一起说。

    完治:愛してる、リカ。/我爱你,莉香。

    リカ:愛してるよ、完治。/我爱你,完治。

    第四幕:

    (莉香精心地为完治准备了生日晚餐,在吃生日蛋糕之前,完治骗莉香,说遇到客户了才回来晚了)

    完治:どうした。/你怎么了?

    リカ:どうして嘘をつくの。完治似合わないよ、嘘つくの似合わないよ。嘘は、嘘だけは

    いや、こんなの嫌だよ。/你为什么要撒谎?你不适合撒谎,你根本就不会撒谎。我最讨厌被你骗了。(莉香一气之下拿起衣服就跑出了房间,完治跟在后面追)

    完治:リカ、待ってよ。リカ、リカ、おい、待ってよ。/莉香,等等。莉香,莉香,等等。 嘘をついたのは、(跑一段路,完治终于追上了莉香)我之所以撒谎,是因为?? リカ:私、こんなだけどさ、こんなだけど、完治を好きになった私、ちょっと気に入って

    いるんだ。/我虽然是这样的女孩,虽然是这样子,但是我就喜欢自己这样深爱完治。 完治:リカ、/莉香

    リカ:悔しいよ、悔しい。完治、気持ちは一つしかないんだよ、二個はないんだよ。どこ

    に置いて来ちゃったの。二十四時間好きって言ってて、仕事してても、友達と遊んでても、完治の心全部で好きって言ってて。ちゃんと捕まえてて、私だけを見てて、でなきゃ、余所に行っちゃうよ。/我好生气,好气愤。完治。你的心只有一个,并不是两个啊。你到底把心放到哪里了?说你24小时都爱着我。不管是工作,还是和朋友在一起玩,用你的全部真心说爱我。你要好好抓住我,你的眼里只能有我。不然,我会跑掉的。

    第五幕:

    (三年后的一天,完治和里美参加完三上和尚子的婚礼。在回来的路上,碰到了莉香。) リカ:良い奥さんもらったね。/你娶了个好妻子。

    完治:そっちは、/你呢?

    リカ:一人には慣れてるから。/我已习惯一个人生活了。

    完治:そんなもん慣れんなよ。リカ、/那种事怎会习惯呢?莉香

    リカ:そんなさあ、一生のうちに人好きになるなんてそうそうあるもんじゃないんだから、

    好きんなったら、あっという間なんだけどさ、でも、だから、永尾君を好きになれたことを大切に思ってる。思えるよ。好きになったこと、好きになってくれたこと、いつも、ここで元気してる。明日、この恋がどうなるとか、考えて、人好きになるわけじゃないし、あの時の私がいるから、今の私がいるんだから、ちゃんと自分に言ってあげられるよ。よくやったね。/没可能一辈子都喜欢一个人的,喜欢的话,只是一瞬间的。但是,所以,我会好好珍惜我爱过你的一切回忆,我会珍惜的。我对你的爱,你对我的爱,我会时常在心中回味的。(莉香指着自己的心)一想到这段爱情明天会怎样,我就不能喜欢其他人了。因为有那时的我,所以才有现在的我。我真的能对自己说,你做的真好。

    完治:今何してるんだ。/你现在在做什么?

    リカ:教えない。/不告诉你。

    完治:どうして?/为什么?

    リカ:大丈夫、何をしてても、私は私だから、/我没事的,做什么工作都好,我始终是我

    自己。

    完治:そうだな、/说的也是。

    リカ:じゃあ、あんまり時間ないから、/好了,我没有时间了。

    完治:そうか、一緒に飯でも食わないか、和賀さん心配してるんだ。電話番号ぐらい、そ

    うか、/是吗?一起吃饭好吗?(莉香摇头)和贺部长很牵挂你。至少给我你的电话号码吧。(莉香还是摇头)是吗?

    リカ、いいじゃ、そのほうが、今日みたいに街角で偶然再会なんてさ、そう、また、何年

    後かに、/那会比较好,象今天这样偶然在街头相逢,没错,不知多少年后会再见。 じゃ、ここで、(两人走到街头。)好了,不用送了。

    影片评论

    无可否认,至今仍无一部日剧能撼动13年前诞生的这部经典之作的教父级地位。在众多的影迷心中,“东京爱情故事”是最经典的爱情,赤名莉香在追求爱情道路上绽放的灿烂纯净笑靥、自由奔放的个性足足影响了一代人。铃木保奈美以饱满充实的情绪,精准地表现出了莉香渴望爱情和这一过程中时苦时甜、时悲时喜的情感。莉香拥有最坚强、最甜美的笑容,也有一转身却泪眼婆娑的伤感。莉香的爱太深太厚太浓太淳,象大海,澎湃奔流,平凡朴实的完治注定承载不了。莉香对爱贪心,但她最后还是成全了完治与里美,因为她的纯粹、激烈是不可能适应完治的细腻、优柔的。最后一幕刚毅坚强又绝美透顶的转身,华丽得让人心酸。

    篇二:日剧的十大经典爱情-你曾经看过哪些?

    日剧的十大经典爱情,日剧启蒙篇

    1。《东京爱情故事》:说一句再见,道一声珍重

    播映日期:1991年

    编剧:坂元裕二

    主演:铃木保奈美、织田裕二、江口洋介

    导演:永山耕三、本间欧彦

    无可否认,至今仍无一部日剧能撼动13年前诞生的这部经典之作的教父级地位。在从多Fans心中,“东京爱情故事”是最经典的爱情,赤名莉香在追求爱情道路上绽放的灿烂纯净笑靥、自由奔放个性足足影响了一代人。铃木保奈美以饱满充实的情绪精准的表现出了莉香渴望爱情和这一过程中时苦时甜、时悲时喜的情感。莉香拥有最坚强甜美的笑容,也有一转身却泪眼婆娑的伤感,她说:“我从来都没有让时间静止下来,从来都没有这么想过,即使知道明天会有悲伤的事,我也高兴的期待着明天的来临。但是,想到要和完治说再见的时候,我就好害怕听到时钟在走的声音。”“不论别人怎么说,即使和全世界为敌,只要有爱就能克服。”莉香的爱太深太厚太浓太淳,象大海,澎湃奔流,平凡朴实的完治注定承载不了。莉香对爱贪心,但她最后还是成全了完治与里美,因为她的纯粹、激烈是不可能适应完治的细腻、优柔的。最后一幕刚毅坚强又绝美透顶的转身,华丽得让人心酸。归去来,对莉香所能做的,只是道一声珍重。没看过特别片真是遗憾,不是DVD那个第二结局,而是拍92年出的东京爱情故事特别片

    2。《悠长假期》:此中有真意,欲辨已忘言

    播映日期:1996年

    编剧:北川悦吏子

    主演:木村拓哉、山口智子、竹野内丰、松隆子

    导演:永山耕三、铃木雅之、臼井裕词

    都市情感剧又一经典力作。以细腻、敏锐的镜头剖析出男女主人公真实内心世界,剥离出现代都市男女之间渴望真情却若即若离、相互试探的情感脉络。全剧讲述青涩年华、梦想暗涌的濑名和正值人生瓶颈阶段、备受挫折的小南偶然相遇所发生的关于人生、事业、爱情的故事。镜头如触角成功的探入到各人内心深处:游离的情感、无法确定的感受、一步一步陷入爱情的过程都以非凡的造谐水乳交融般展现在观者眼前。小南说:“在自己什么都做不好的时候,就当是上天赐给的一个长假,不要勉强,不要焦躁,更不要无谓的努力,将身心付诸于自然,不久一定会好起来的,现在回想起来,和他度过的几个月,正是我疲惫于人生之时上天所赐给的,一段小小的闲暇吧。”这样的总结陈词适用于所有都市中身心疲惫、情感受挫的男女,励志积极又辩证哲学,让人受用一辈子,姐弟恋也逐渐在日本流行,呵呵,接不接受完全看国情

    3。《恋爱世纪》:浮世绘

    编剧:浅野妙子、尾崎将也

    主演:木村拓哉、松隆子

    导演:永山耕三、二宫浩行、木村达昭

    普通人物的普通恋爱故事。“恋爱世纪”在Fans心中曾激起两股截然不同的浪花,爱之

    甚爱,恨之甚恨,但不可否认的,它依然制造了巨大的影响力。“恋爱世纪”最大的特点就是把男主角哲平塑造成一个吊儿郎当、玩世不恭、缺点一大把的小人物。如此平凡鸡零狗碎的形象大大打破了观者对于主角应完美的概念,也或许就是一部分Fans不喜欢该剧的原因吧。而另一方面,正是这样一个“残缺”的角色才更真实的逼近于现实生活,喜欢无聊的斗嘴、热衷算计感情、偶尔还看黄色画刊、玩耍大都市中炼就的各式小聪明,难怪理子说:“能和你这种吊儿郎当的大色狼过一辈子的人也只有我了。”,色狼?日本女子好像并不介意对方好色的啊,但谁又能否认,每一个存在的个体不都是有着这样、那样缺点的呢?即便如此,每个人还是完整的拥有属于自己如片中自始至终出现的象征爱情的那枚水晶苹果的权利。

    4。《神啊,请多给我一点时间》:撑永爱为春,永爱为秋

    播映日期:1998年

    编剧:浅野妙子

    主演:金城武、深田恭子

    爱情既是宏观也是微观,它以千姿百态的具象出现在每个人身上。“神啊,请多给我一点时间”中的爱情就发生在一个身患艾滋病少女和一位音乐家之间。新锐、大胆的题材兼触及到日本社会敏感一面是它最大的特点,更引发当年日本社会不断争议。健康少女不惜卖身换钱以博取和心仪之人见面的机会,却因此而感染艾滋病,这样的行为是否值得全社会关注?但是还好,电视剧并不着重笔墨于沉重的社会道德伦理问题,而仍是把它定位在“爱是永恒”这样的主旨上。少女用执着的情感、坚强的毅力和非凡的求生意志,折服了她身边所有的人。她的生命虽然短暂,却赢得了爱人、亲人、朋友最深沉的敬佩和尊重。爱情最终淡化了社会伦理道德在某一方面丧失的遗憾,并使少女的灵魂获得了最大程度的救赎,而这一切,只能归功于爱情无穷的力量和其伟大的实质。

    5。《魔女的条件》:他们只是相爱

    播映日期:1999年

    编剧:游川和彦

    主演:松岛菜菜子、泷泽秀明

    导演:土井裕泰

    又一备受争议的话题:师生恋,自然而然吸引无数观众争相睹之。讲述女老师和高中男学生之间不被世人接受、四面楚歌、历经磨难的爱情故事。“你知道爱一个人是什么感觉吗?我所爱的人碰巧才17岁而已,就因为这样,我就要被当成罪犯对待吗?”如此勇敢的爱情宣言足以令许多人汗颜而自愧不如。正如勇敢的宣言一样,全剧也始终以勇敢、不屈服的气势坚定的向前走,即使可以那么明确的预知到两人之间的险壁峭涯、万丈深渊。但是他们只是相爱,没有什么比这个更能解释最终团聚的幸福了。“魔女的条件”吸引人的不仅是爱情,更是男女主人公对待爱情的态度。

    6。《沉睡森林》:你在这头,我在那头

    播映日期:1998年

    编剧:野泽尚

    主演:中山美穗、木村拓哉、仲村亨

    导演:中江功、泽田镰作

    1998年的“沉睡森林”堪称悬疑剧之经典。无论故事情节、人物性格、节奏还是音乐制作都达到了炉火纯青的地步。但在当年的播映却没有收到预期效果,究其原因,观众所不满的可能是木村拓哉在此剧中颇具邪气的表演,这和当初野泽尚脚本中设计的男主角直季有着一定出入。但是现在再次回味,也许木村拓哉就是想籍另类、神秘的演绎来夸大男女主人公之间存在着的不确定因素,使得全剧别有一番滋味在心头。中山美穗的演技当然是获得众多Fans的首肯,正统、细腻、无可挑剔。一片属于儿时的森林,一段注定决堤的感情,泛滥成灾,却渡不到爱人的彼岸,永远。直季和实那子只能着时间的河流相互守望。值得一提的是,“沉睡森林”的片头制作得独具匠心,剧中各主要人物的命运都巧妙得浓缩在了短短的几分钟时间里。

    7。《With Love》:缘分的天空

    播映日期:1998年

    编剧:伴一彦

    主演:竹野内丰、田中美里

    “With Love”是有款有型的竹野内丰之巅峰之作。全剧籍虚拟网络展现一段真爱故事,剧情饱满又一波三折,新颖、别致、不流于俗,给人以无限憧憬和幻想。并对现实中人与人之间冷漠疏离一旦转入虚拟空间却能坦开心扉、以诚相待的奇妙关系做了深刻剖析。人与人之间从来不缺真爱,缺的,只是对真爱吝啬的播洒,因为人不能完全控制自己的人生方向。现实的无奈焦虑让人们混身长满刺,不可靠近。相互取暖的距离远了,心便也冷了。但是处于休眠的火山一旦被唤醒,便会爆发最壮观的景象,不信,请看长谷川天和村上雨音,他们就是最好的例子。

    8。《星之金币》:成人世界的经典童话物语

    播映日期:1995年

    编剧:龙居由佳里

    主演:酒井法子、大泽隆夫、竹野内丰

    导演:吉野洋、五木田亮一、猪股隆一

    相信每个人心中都或多或少存在着童话情结,在那片遥远的国度,天空湛蓝、湖水纯净、泥土芬芳,而人们都非常美丽。所以当“星之金币”以童话般的意境出现在观众眼前,我们注定会被吸引、着迷直至一发不可收拾。因它它满足了我们对于童话永远的追求:美丽的灰姑娘、完美的王子、多情的守望者,还有正义与邪恶的较量、纯真与世故的角逐、改变与被改变的奇妙过程,全剧时时刻刻迸发的闪光点把观众塞了个满怀,感动推都推不掉。美丽的哑女阿彩虽然身世贫穷、一无所有,却以单薄的身躯支撑起最深厚的人生信仰。那双纯真透明的眸子分明就是童话故事中正义的化身、完美的象征。

    9。《美丽人生》:勿忘我

    播映日期:2000年

    编剧:北川悦吏子

    主演:木村拓哉、常盘贵子

    导演:土井裕泰

    “美丽人生”最大的特点就是不煽情、不哭天抢天,虽然剧中女主角杏子是残障人士,

    而最后香消玉殒,但她带给我们的仍然是笑对人生的洒脱和守望爱情的执着。所有这些都是在平静、平常、平凡的环境中进行着,没有海誓山盟的誓言,也没有海枯石烂的承诺,但是三个“平”字加起来的美丽却达到了让观者能细细咀嚼、静静回味的效果。朴实、无华,木村拓哉、常盘贵子成功演绎了又一经典爱情故事。杏子曾说:“我想到自己的梦想了,就是能和自己所爱的人并肩站在一起。”但好最后释然道:“佟二,这个世界从100公分的高度看过去真是美丽啊。”生命短暂又何妨,只要经历过一份真实的感情,就够了。

    10。《跟我说爱我》:此时无声胜有声

    播映日期:1995年

    编剧:北川悦吏子

    主演:丰川悦司、常盘贵子

    导演:生野慈朗、土井裕泰、福泽克雄

    淡淡的微笑、淡淡的白衣、淡淡的人物,晃次可以用淡雅来形容,但是跃然于他生命画布中的是广子浓烈奔放的自由之色,象彩虹,五彩斑斓。她为晃次注入活力,为他的生活加上一道道浓墨重彩的注解:有欢乐、有泪水,有幸福、有坎坷。“即使互相伤害,我们也不会分开,只要两个人在一起,尽管有时会受伤,伤口总会愈合,因为我听得见他心里的声音。”彼此间一个手势、一个眼神都灵犀相通,还有什么能超过“此时无声胜有声”的美妙境界呢?

    其实,爱情在日剧里经典的当然远不止这十部,象《爱情白皮书》、《沙滩小子》、《恋恋情深》、《东京仙履奇缘》、《天使之爱》等片都给我们留下了深刻的印象。日剧可以说是创造了一个时代,即青春偶像剧的时代。

    篇三:日语阅读3-东京爱情故事对白精选等-6篇

    东京爱情故事对白精选

    完治:急になくなったから、みんな心配してる

    (因为你突然失踪了,大家都很担心你啊)

    利香:よかったね、名前のこってて

    (太好了,你的名字还在。)

    完治:ああ……

    (啊……)

    利香:何年前?

    (多少年前?)

    完治:十年、や、十、十二年前なか,卒業式の日にさ

    (十年……不,十二年吧,在毕业礼当天)

    利香:完治がまだかわいいころだ

    (是完治还可爱的时候)

    完治:悪かった,今憎たらしくって

    (你是说我现在很讨厌啦。)

    利香:私の名前も十年も二十年ものころかな

    (我的名字也会留在这里十多二十年吗?)

    完治:この春限りで廃校なるらしいんだ

    ここ。

    (听说这个学校到了春天就会停办。)

    利香:なくなっちゃうの?

    (停办?!)

    完治:取り壊したろうな

    (这里要拆了。)

    利香:でも、まあ、いいや、わたしが覚えてるから,一秒でも

    完治と名前名ならんだってだけでだけでさ

    (不过不要紧,因为我会记住的,即使一秒也好,和完治的名字排在一起。)完治:とりあえず,連絡だけでもしなきゃ,みんな心配してる

    (你不通知大家一声,大家会担心的。)

    利香:完治も心配した?

    (完治你也担心我?)

    完治:したぞ、そりゃあ

    (是的,当然)

    利香:どうして? (为什么?) 完治:え? (什么?)

    利香:どうしえ心配したの?分かれた女になんか用でもあった?そう、ねえ,案内して

    (你为什么担心我?和分了手的女孩有什么事吗?我瞎说的,带我去看看。)完治:ん?

    (什么?)

    利香:完治の生まれた町,約束叶えてよ,赤いとはぶっつり切れちゃったけどさ、約束は約束でしょ、ねえ

    (看完治出生的地方,要实践你的诺言啊。虽然红线已经断了,但诺言始终是诺言,对吧。)

    ……………………

    ………………

    (镜头从理美和三上转回)

    完治:そうでさ,一年で一番俺達が盛り上るのが台風なんだよ。

    (我还记得,我们一年里最兴奋的就是台风的时候)

    利香:あ、盛り上るの?

    (兴奋吗?)

    完治:ふん、この川なんかも決壊しちゃってさ,町中にサイレンが鳴り響いて、大人達はみんな真っ青の顔してんだけど、おれ達はわくわくしちゃってさ。(是的,这条河会决堤,市内警号响个不停,虽然所有大人都被吓得脸发白,但我们就很兴奋了)

    利香:うん

    (是吗?)

    完治:麦わら帽子なんか向日葵に被せてさ、朝から晩まで駆けずり回ってたんだ町中の餓鬼みんな友達だったんだ。

    (我们给向日葵戴上草帽,而我们由早到晚到处跑,镇内的小孩全是朋友)利香:いいよね、私なんか転校ばっかだったから。

    (你就好了,因为我是经常转校的) 完治:そうか、おれ転校しらことないからな。 (是吗?我从来没转过校) 利香:「はじめまして」と「さようなら」の間がいか月ないこともあったし、お別ればかり。

    (说"幸会"和"再见"只是一个月内的事,我也试过,经常是分别)

    完治:そうだけ繰り返してるとおりと慣れちゃったり。

    (你经常那样,应该习惯(来自:WWw.cssyq.Com 澳门博狗博彩官方平台:东京爱情故事为什么悲)了分别吧)

    利香:そうなもんなれないよ。みんなと別れるときはいつでも同じだけつらい、だからね、

    一緒にいられる間は精一杯楽しくしなきゃって、ああ、あのこと最後にあった時、私笑ってたかなっさ、

    二度と合えないかも知れないだから,なるべく笑顔でいなきゃって、思うんだ。(不会习惯的,和大家分别时,我只会觉得难过,,所以当我和他们一起时,我就会尽情和他们玩耍,见他们最后一面时,我就会叫我自己笑着面对他们,因为我们或许不能再见了,所以尽量以笑容面对他们,我是这样想的。)

    …………………………

    (两个人来到了神社,在水池边净手,完治递自己的手帕给利香擦手)

    利香:………

    雪女(日文)

    私の名前は久保井幸といった。幸せ、と書いて「ゆき」

    病弱でとても色白な娘だった私は、幼いころ、同級生の男の子たちに、「雪女」とよばれからかわれたことがあった。

    雪女は雪のおばけ。まっしろけっけの雪女。クボイユキは雪女。

    そんな風にはやしたてられ、私は泣きながら家へ帰った。

    大好きだった祖母に泣いて帰った理由(わけ)を話すと、彼女は細い目をさらに細めて静かに言った。

    幸、知ってるかい。

    雪女はかわいそうな女なんだよ。

    雪女は人に姿を見られたら、その人間を殺さなくちゃならない決まりだった。だけどある日、姿を見られた男のことを、彼女は愛してしまったのさ。

    だから雪女はね、自分に会ったことを誰にも言わないと約束させて、その男を殺さなかったんだ。

    でも男は約束を破った。

    自分の女房が雪女だと知らないで、女房に全部話しちまったのさ。

    約束を破られて、雪女は怒ったと思うかい?

    そうだね、たしかに怒っただろうね。

    でももっと強く感じたのは、きっと悲しいって気持ちだよ。

    愛した人に裏切られた。

    そのことが、ただの娘を雪女に変えてしまったのさ。

    いいかい、幸。

    女を雪女にするのは、男なんだよ。

    馬鹿な男が、幸せな娘をかわいそうな雪女にしてしまうのさ。

    だからね、雪女を嫌わないでやっておくれ。

    本当は、とてもかわいそうな女なんだよ。

    そして彼女は、つけくわえるようにこう言った。

    それにね、幸。

    雪女は、肌がすきとおるように白くて、紅をさしたような赤い唇をして、黒くて長い髪を持った、とてもきれいな女(ひと)だったんだよ。

    ほら、幸も色白でまっすぐな黒い髪を持っていて、口も花びらのようにきれいな赤だ。雪女と同じ、きっと大したべっぴんさんになるよ。

    明日また友達にからかわれたら、こう言っておやり。 知らないのかい。雪女はすごい美人だったんだよ。ってね。 ……だからもう、泣かないでいいんだよ。ね、幸。 もう、二十年以上も前の話。

    ずうっと長い間、記憶の彼方においやられていた、祖母との小さな思い出。大好きだった祖母も、私が大学に上がる前に亡くなった。

    女手一つで私の父を育てた彼女にも、悲しい女の過去があったのだろうか。あまり自分のことは話さない人だった。

    けれどあの雪女の話をした時の祖母は、いつもの祖母とは明らかに違っていたように思う。

    だから今も、あの時の彼女の話を、こんなにも鮮明に覚えているのだろう。祖母の予言通り、私はそれなりに美しい娘へと成長した。

    十代のころからボーイフレンドには不自由せず、社会人になってからも、デートの誘いは多かった。

    そして勤めていた会社で主人と出会い、彼の方から申し込まれて結婚した。

    優しく快活で職場での評判も高かった主人は、まさに申し分ない結婚相手だった。結婚して七年。

    子供はいないけれど、夫婦二人、幸せな結婚生活を送っていた。

    このままずっと、今の幸せが続くのだと信じていた。

    ……いつからだろう?

    夫の深夜の帰宅が増えたのは……。

    いつからだろう?

    彼が私に、いつかの温かな眼差しを注いでくれなくなったのは……。

    蛍光灯の明かりに照らされたダイニングテーブルの上。

    スーパーのビニール袋に入れられたままの食品が、所在なげに置かれた傍ら。

    大きく引き伸ばされた何枚もの写真が、両肘をついてうつむく私の目の前にある。写真の入っていた茶封筒には、大きなゴシック体で、有名な調査事務所の名前が印刷されていた。

    今日の夕方、買い物帰りに受け取った夫の調査報告書。

    写真には、ネオン煌めく夜の街で、見知らぬ女と腕を組み歩く、見知らぬ私の夫がいた。

    静かにとつとつと語る祖母の声が、目を伏せて物思う、私の耳の奥でこだまする。 ―― いいかい、幸。 女を雪女にするのは、男なんだよ。 馬鹿な男が、幸せな娘をかわいそうな雪女にしてしまうのさ ――

    ふいに、闇に沈んだ玄関から、耳障りな金属音が響いた。

    帰宅した夫が、玄関扉の鍵を開けようとしているのだ。

    もうそんな時間かと壁の時計を見上げると、針は午後十時過ぎを指していた。以前は八時前には帰宅していた。

    きっと今日も、写真の女と会ってきたのだろう。

    そうして私が何にも知らないと思って、ぶっきらぼうに「風呂に入る」とだけ言うのだろう。

    残念ながら、今日は彼の望む食事も風呂も用意されてはいないけれど。

    昔読んだ雪女の本。

    その中で、彼女が夫に向けた言葉がよみがえる。

    ―― なぜ、裏切った……。

    彼女は、どんな思いであの言葉を口にしたのだろう。

    ……涙は出ない。

    凍てついた心からは、もう何も生まれない。

    私はゆっくりと立ち上がりながら、今は亡き祖母にそっと呟いた。

    おばあちゃん。

    私の中にも、雪女はいたよ……。

    SLOW DANCE1

    初夏の朝。颯爽とバイクを駆るのは芹沢理一(妻夫木聡)、25歳.コーヒーショップに立ち寄った理一は、いつものようにダブルトールカプチーノを手に入れ再びバイクへ。理一が去ったコーヒーショップで、イライラと順番待ちをするのは牧野衣咲(深津絵里)、31歳.ようやく衣咲の番が来たとき、注文した品と違う、と男が割り込んできた。理一だ。理一の割り込みを注意する衣咲は、クレームに応対しようとするウェートレスにも、ズケズケと言いたい放題.そんな衣咲に、理一は見覚えがあるような気がするのだが、今ひとつ思い出せない。と、記憶を探っている理一を尻目に、衣咲は店を飛び出した。実は衣咲は、自動車学校行きのバスを待っていたのだ。だが、理一と言い合ううちにバスが出発してしまった。察した理一は、教習所までの道を教えようとするのだが、衣咲はナンパだと思い込んで、さっさとタクシーを拾って行ってしまう。

    実は理一は、衣咲が向かった先、「旭自動車学校」の教官。この日も、一坂進(温水洋一)の所内教習に出ていると、一台の教習車が追い抜いて行った。ところがすぐに、急ブレーキの音が。理一たちの車を追い抜いた教習車だ。驚いて目を向けると、運転する生徒は、先程コーヒーショップで出会った衣咲.教習を終えてロビーに戻った理一は、衣咲が名前を呼ばれるのを聞いて、ハッキリと思い出す。衣咲は8年前、理一が通っていた高校に来た教育実習生だった。

    同じ日の昼休み。理一は大学時代の仲間、長谷部幸平(田中圭)の元を訪れ、昼食を取っていた。理一と幸平は、かつては共に映画監督を目指した仲。しかし、理一は就職。幸平は、家業である「長谷部自動車修理工場」で働いていた。映像学科の恩師の退官パーティーの話を持ち出した幸平に、理一は何も答えず仕事に戻ろうとする。幸平は「もう、映画は撮らないのか?」と尋ねた。その問いに理一は?。

    一方、教習を終えた衣咲は、仕事に戻っていた。衣咲は、お洒落なアパレルメーカー路面店の店長.サブ店長の西山順子(村岡希美)と小池実乃(広末涼子)という部下がいる。自分が店にいなくなっても大丈夫か、と問いかける衣咲を見て、実乃は衣咲に、昇進が決まったのかと問うが、衣咲の質問の真意は、プライベートにあった。

    その夜、衣咲は江上政之(勝村政信)とデート。プロポーズの返事を求める江上に、衣咲は「はい」と。しかし、江上の口から続いて出た言葉は、さっそく来週からドイツに行って新居探しを手伝って欲しい、さらに、ドイツに別れた妻との間に出来た娘も連れて行く、というものだった。見ず知らずの家政婦に娘の面倒を頼むくらいなら、衣咲のほうが安心だ、と言う江上。衣咲の事情を全く考えない江上に違和感を覚え、また「家政婦」という言葉に引っかかった衣咲は、もう少し考えさせて欲しいと江上に告げた。

    その頃、理一はマンションに帰っていた。一人暮らしをするには広い2LDKに、理一は、兄の英介(藤木直人)と住んでいる。もともとは英介の部屋だったのだ。しかし、その英介は、あまり家には帰ってこない。